So-net無料ブログ作成

しゃばけ [hobby]


P1120514.JPG
私を読書家に変えた【しゃばけ】シリーズ → 詳細は
こちら (◕`ェ´◕)b

ある日、本屋で目に留った文庫が【ちんぷんかん】でした。
おかしなタイトルと、おちゃめなイラストに妙に惹かれて買ったのが始まり。
ご存知の方も多いでしょう。

【ちんぷんかん】はシリーズ6冊目だということに、読んでる途中で気づいて
「これは最初から読みたい」と、一時中断。
で、シリーズ1冊目の【しゃばけ】を買いに走ったの。
【ちんぷんかん】は短編集だけど、こっちは違う。
自慢だけど(←)、マンガ以外の読書はいつが最後か思い出せないほどで
ちょっと迷ったけど、とにかく【しゃばけ】を読んでみた。

オモシロイでし~(o・`∀´・o)ノ

以来、私は読書に目覚めて、この【しゃばけ】シリーズをはじめ、多くの本を
読むようになりました。
ちなみに、特に好きな話は「おまけのこ」と「はるがいくよ」デスb

あ、【しゃばけ】の新しいのが出てるのに、まだ買ってないや Σ(ノ∀`*)


P1120529.JPG
いま使ってるカレンダーは、これ ( ̄m ̄*)
ここ何年かは、毎年【リサ&ガスパール】カレンダーを使ってたんだけどね、
これを見ちゃったら、ね。
実はぴか夫が自分用に買ってきたのを奪って、お願いして私のリサガスと
交換してもらいましたww


nice!(62)  コメント(19) 

「十二人」と「12人」 [hobby]


P1080043.jpg
法廷劇 「十二人の怒れる男」

もともとはアメリカのTVドラマ(1954年)で、映画化(1957年)されたもの。
今回は蜷川幸雄が演出したお芝居。


20日の夜、観てきました。しかも、なかなか良い席で♪
中井貴一主演だけど、筒井道隆クンが目立つように撮ったチラシを UPです。
なぜなら、好きだから (* ̄m ̄)ノ 中井サンもいいよ。
静かな佇まいと、その場の空気が変わる…確かな存在感ていうか。

筒井クンを目で追っていて、いまさら気づいたこと。
横顔やナナメ後から見た雰囲気が、昔、好きだったヒトに似てる (〃▽〃)


公式サイトより一部抜粋 :
蒸し暑い夏の午後、父親殺しの罪で少年が裁かれようとしていた。
審理は終わり、いまや少年の運命は事件のために無作為に選ばれた
12人の男たち =陪審員に委ねられている。提出された証拠と証言は
少年に不利なものばかり。劣悪な環境で育った少年には逮捕歴もあり
陪審員の多くは有罪を確信していた。



感想はひとことで言えば「楽しめた」です。上演4日目だったけど、数名、
セリフを噛んだことは気づかないふりしましょ(笑
ネタバレはまずいから内容にはこれ以上触れません ( ̄▽ ̄)b



DVC00014.jpg
Bunkamura 「DEUX MAGOTS PARIS」

思い出されるのが「12人の優しい日本人」で、知ってる方も多いと思うけど
三谷幸喜の書き下ろしで二度舞台化され、映画化もされてます。
この「十二人の怒れる男」のリメイクという表現で適切なのかなぁ…。

私ははじめに映画を観て4年前に舞台を観てます。私の大好きな生瀬勝久、
そして、こっちにも筒井クンは出演してるんだよね。
個人的には「12人の優しい日本人」のほうが好きで、舞台<映画です。


おまけ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日は渋谷でランチしました。
DVC00007.jpg
DVC00009.jpg
DVC00010.jpg
カジュアル・フレンチ 「Betterave」

サラダは意外に量があって野菜が新鮮。
手打ち
パスタにはたっぷりのミートと、こんがりと焼いた大きめチキン。
これで900yen とは、なかなかです☆


nice!(124)  コメント(50) 

美しい和食 [hobby]


P1030108.jpg

招待状が届いたので足を運べば、美しい和食が用意されていました。
贅沢で華やかでしょ。


P1030113.jpg

お気づきですよね、そう、これは花 (* ̄▽ ̄ノノ゛☆ すばらし~♪

P1030359.jpg
*16日に行きました。東京花展はすでに終了しています

有料スペースの作品をUPするのはまずいかなぁと思い、フリースペースで
ひときわ目を惹いた「和食」を紹介しまーす d( ̄▽ ̄*)
花の名前はちんぷんかんぷんなので書いてないけど…えへへ。


P1030114.jpg

P1030116.jpg

P1030119.jpg

P1030110.jpg

乙女ゴコロをくすぐるスイーツまでちゃーんとあります (≧▽≦)ノ
残念ながら紹介できないけど「アフタヌーンティ」もあったんですよ。
すんごい可愛いの♪


P1030124.jpg

和食だけではなく、生け花らしい(?)作品もたくさん見てきました。

まだ京都の花展には足を運んだことがないから、いつか行きたいなぁ。
そーいえば、pica's otto は私を置いて、さっさと行ったことが…。
許せん (ノ-"-)ノ~┻━┻


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。